自分にあったブラジャーを探すなら|サイズをチェックしよう

子供のセレモニーに便利

選び方のポイント

女性達

ママスーツとは、子供のセレモニーの際着ると便利なスーツのことです。
元々セレモニースーツという名で販売されていましたが、お宮参りや入園式、七五三、卒園式といった様々なシーンで着たいというニーズに応えて登場しました。
様々なシーンで着られるようにいくつかのアイテムがセットになっているのが特徴です。
ママスーツと銘打っていても、ワンピースとジャケットのみやスカートとジャケットのみというものもあります。
できたら、ママスーツのセット内容は、ジャケット、ワンピース、パンツかスカートと何通りにも着られるものを選ぶのがコツです。
ワンピースだけや、ワンピースとジャケット、ジャケットとスカートかパンツという形で何種類にも着られるため、様々なセレモニーシーンに対応できます。
子供のセレモニーで一番最初にあるのがお宮参りですが、そのときは産後すぐで体型も体調も戻っていないことが多いのでワンピースがあると便利です。
ワンピースは着ていて楽なだけでなく、しっかりとフォーマル感も演出してくれるため、ママスーツのセットには欠かせないものです。
ワンピースの大きさは余裕があるものを選ぶと良いでしょう。
また、入園式はやや明るめのスーツ、卒園式は暗めのスーツというのが定番となっています。
そのため、ママスーツを選ぶときは、ワンピースかジャケットが明るい色のものを選ぶと良いでしょう。
もしくはジャケットだけ別のものを揃えておくのもよい選択肢です。
ジャケットだけならば買い足してもそこまで負担にはなりません。

アクセサリーで華やかに

レディ

普段はカジュアルなファッションが中心でも、子供が幼稚園や学校に通うようになると、1着は必要になるのがママスーツです。
着慣れないスーツを、どのように着たら良いのかわからないママさんも、コツさえ掴めば素敵に着こなせます。
ママスーツのコーディネートのコツは、春らしい色を選ぶことです。
入園式や卒園式、入学式、卒業式などは、春に行われる行事です。
そのため、ベージュやパステルピンク、ライトグレーなどがおすすめです。
ネイビーやブラックなどもOKですが、写真映えの事なども考えると、春らしい色の方が断然映えます。
次に、着まわせるデザインのスーツを選ぶことです。
せっかくママスーツを買っても、1度しか着る機会がないのはもったいないので、着方を替えれば、パーティーやお呼ばれなどに着ていけるデザインの物を選びましょう。
セットとしてしか着られないスーツではなく、ジャケットやワンピース、それぞれ単品で着られるものがベストです。
そして、アクセサリーで華やかに演出することも大切です。
胸元にコサージュやブローチをつけたり、ネックレスやピアスなど、アクセサリーをプラスすることで、フォーマル感がアップします。
最も大切なコツは、全体的なバランスがカジュアルになりすぎないことで、スカート丈が短すぎたり、派手な印象を与えるデザインはNGです。
きちっとした印象に見えれば、ママスーツのコーディネートは成功です。
子供のためにも、好印象を持たれるママスーツコーデを心掛けましょう。

返品交換可能か調べる

婦人

ママになると体型が出産前と変わることがあります。
ダイエットをしても、思うようにいかないことがあるので、若い時と同じサイズで衣服を選ばないようにしましょう。
特に、ママスーツを購入する時には注意が必要です。
幼稚園の入園式や卒園式など、ママになるといわゆるママスーツを着用する機会があります。
このようなイベント時しか正装をする機会は、ママになるとほとんどありません。
そのため、いつも普段着でゆったりとした衣服を着ている人ほど、ママスーツ選びに困ってしまうことがあります。
まず、自身のサイズをしっかりチェックしましょう。
特に、通販でママスーツを購入する場合、返品交換ができるかどうか調べておくと安心です。
最近はウエストやお尻周りがゆったりとしたタイプのものも多くなってきています。
ママだからこその体型を考えて作られているものが多いのです。
その点、通販で選んでも割としっくりくることが多くなってきています。
もちろん、実店舗で試着をしてから購入した方が無難です。
最寄りにママスーツを売っているお店があれば、試着してみましょう。
ただし、通販の方が種類が豊富で安いものが多いというのなら、実店舗では試着程度でとどめることもできます。
サイズの参考までに訪れてみるのもいいかもしれません。
このようにして、適切なママスーツを購入しましょう。
デザイン性も豊富となっていますが、いつどんな時に着用するものなのか、TPOを考えて購入することも大切です。