ピッタリな下着をつける

必ず試着をしよう

胸部測定

最近では、手軽にネット通販でかわいいブラジャーが買えますが、できればきちんと試着をしてから購入する方がおすすめです。
今まで、なんとなくこれくらいのサイズかな、と思って適当にサイズを選んでいた人は要注意です。
自分ではちょうどいい大きさだと思っていても、実はサイズがあっていない、ということが起こりやすいのがブラジャーです。
正しいサイズをつけないと、胸がつぶれて形が悪くなってしまったり、きちんとバストメイクできなかったりします。
正しいサイズを知るために、まずお店でメジャーで測定してもらいましょう。
きちんと測定すると、自分が思っている以上にカップ数が大きかった、というケースがよくあります。
しかし、これだけでブラジャーのサイズを判断すると、きちんとフィットしない可能性があります。
ブラジャーは、デザインや性能によって大きさが微妙に異なるため、同じサイズ表記でもメーカーや商品シリーズによって、大きさにばらつきがあります。
そのためきちんと試着して、自分にピッタリのサイズかどうかを必ず確認するようにしましょう。
この際、できればお店のスタッフさんにも見てもらうようにしましょう。
肩ひもの調整や、アンダーのホックの位置などでもブラジャーの大きさは変わってきます。
カップ数やアンダーを変える必要があるのか、肩ひもやアンダーの調整で十分な範囲なのかは、自分ではなかなかわかりません。
サイズ交換が必要な場合は、すぐに新しいものを持ってきて試着することができるので、是非店員さんにサイズ確認をお願いしましょう。

体にあった下着の選び方

胸部測定

女性の下着選びの際に重要なのは、自分の体にあった正しいサイズの下着を選ぶことです。
ボディサイズの基本的なはかり方は、トップバストの場合だとブラジャーをつけた状態で一番高い所をはかります。
ブラジャーをつけた状態ではかる、ということが最も大切なポイントです。
アンダーバストの場合、肩の力を抜いて、気を張らないようにして姿勢を正し、乳房のすぐ下の周囲を測定します。
トップバストとアンダーバストの差がカップサイズの目安です。
ウエストの場合、背筋を真っ直ぐに伸ばしてリラックスした状態で立ち、一番細い所を測定していきます。
ヒップの場合もウエストと同様に、背筋を伸ばして立った状態で一番高い部分の丸みをつぶさないようにはかります。
下着の中でも特にブラジャーは、サイズが合わないと感じたらすぐに正しいサイズのものを身に付けることが大切です。
セルフチェックの仕方として例をあげると、痩せてきた方の場合、アンダーはぴったりだけどカップがスカスカしているなら、アンダーはそのままにしてカップをひとつ小さくしたサイズのブラジャーを選ぶと良いです。
太ってきた方の場合、カップはピッタリだけどアンダーがきついと感じたなら、アンダーをひとつ大きくしてカップはひとつ小さいサイズのブラジャーを選ぶと良いです。
また、ブラジャーは型崩れしやすいので、手洗いの際は揉み洗いを避けて軽い振り洗いやつかみ洗いなどで済ませ、収納の際には詰めすぎないように並べて保管するのがベストです。

覚えておきたい知識とは

胸を測る人

女性用の下着はデザイン性が高く、また、様々な素材で作られています。
普段は見えない下着ですが、可愛い下着を選び、身に付けている女性はとても沢山いるのです。
しかし、下着をデザイン性だけで選ぶと、体型を崩す原因となるため、覚えておくと良いでしょう。
バストを支えるブラジャーは、サイズが合っていないと、効果を発揮することができなくなってしまうのです。
例えば、少し動くとブラジャーがずれてバストが出てしまう、カップとバストの間に隙間がある、背中や脇の肉がはみ出ているなどの場合には、サイズが合っていない恐れがあります。
ブラジャーのサイズが合っていないと、たれるなど体型が崩れてしまい、またきつさがあると、血行不良を起こし、肩こりなども起きてしまうのです。
アンケート調査によると、ブラジャーは試着せずに、購入する女性がとても沢山いることがわかっています。
そのため、正確な自分のサイズを、知らない人も多いのです。
ブラジャーのサイズは、トップバストとアンダーバストの差になるので、通販などで購入している方は、自分で測ってみると良いでしょう。
ブラジャーのサイズ表を紹介しているサイトもあるので、参考にする事ができます。
また、ブラジャーは正式な身につけ方があります。
前かがみになってホックをとめ、脇に散った肉を寄せてから身体を起こし、ストラップを調整するという方法です。
自分のバストにあったブラジャーがわかれば、胸を綺麗に見せることができるため、さらにおしゃれを楽しむことができるでしょう。